NEWS

詳細を見る

4つのゾーン

旅するように楽しむ4つのゾーン

南の島をイメージした「リゾート」、大自然を感じる「サファリ」、中東・東洋のエッセンスを取り入れた「オリエンタル」、都会のカフェを想わす「シティ」の4つのゾーンで読書を楽しんでいただけます。 それぞれのテーマに合わせたドリンクやフードも楽しめます!

  • Resort

  • Safari

  • Oriental

  • City

BookGuides

知識豊富なスタッフがおすすめの本を紹介します。
一人でのんびりと...
ペットと一緒に...
もちろん家族でも...

それぞれのテーマに合わせたドリンクやフードも楽しめます!

詳細はこちら

先着限定
1,000
  • BOOK TRAVELオリジナルレジャーシートを先着1,000名様にご用意しています。

STAMP RALLY
本を持参のうえ、各ゾーンのスタンプラリー場で配布している当日パンフレットに、4つのスタンプを集めて「本の森エリア」内インフォメーションブースにお越しいただくと
オリジナルタンブラーを プレゼント!
先着限定
300

  • ※なくなり次第終了
  • ※画像はイメージです

本の森エリア

「本の森エリア」で楽しい時間を

読み聞かせや音楽ライブ、本をテーマにしたワークショップやマルシェ、キッチンカーなど家族みんなで楽しめるコンテンツが、中央公園南グラウンド 森エリアに大集合!

音楽ライブ & 読み聞かせ
詳細はこちら
図書館ブース& 移動図書館(ともしび号)
詳細はこちら
マルシェ
詳細はこちら
キッチンカー
詳細はこちら
虎谷誠々堂書店ブース
市制70周年を記念した決定版写真集
今夏待望の発刊!「茨木市の七〇年」予約受付実施![刊行記念特価4,000円+税]
堀廣旭堂ブース
茨木にゆかりのある作家の小説や絵 本などの紹介・展示販売を行います。
読書が楽しくなるWORK SHOP

「無添加アイシングクッキー作り」

抹茶やココアで着色したアイシングクリームでブック型のクッキーをデコレーションしましょう。あなただけの絵本を完成させてください!※材料に小麦、乳製品、卵白を含みます。
講 師 capr〈i カプリ〉
時 間 随時受付※先着50枚。枚数に達し次第、受付終了
参加費 1枚500円(材料費込)
BookMark

「木目調レザーを使った世界に一つだけのしおり作り」

木目調エンボス加工付きの本革レザーを使って、しおりを作っていただきます。
講 師 Mountain & Sea Works
時 間 随時受付、所要時間約5分
参加費 500円(材料費込)
MAP

イベント当日以外にも

いばらきには本を読める場所がいっぱい!

大阪府内でも最大規模の図書館である茨木市立中央図書館をはじめ、まちライブラリーの登録も他市に比べて多く、本を楽しむ場所がいっぱいあります。これは川端康成をはじめ多くの文豪にゆかりがある茨木市ならでは。ぜひたくさんめぐってみよう!

CAFE×BOOK
ドリンクやスイーツと一緒に読書を楽しみたくなる、ゆったりと過ごせるカフェをご紹介。
詳細はコチラ

茨木市立中央図書館

+
まちライブラリーがいっぱい
まちのカフェやお寺、病院などに本を持ち寄り、本を通じて「人の縁」をつむいでいく活動です。全国約600カ所に広がっています。
詳細はコチラ

文学のまち 茨木

茨木市が誇る 著名小説家の記念館

 “文学のまち”茨木には、貴重な資料や作品が展示されている記念館があります。ぜひめぐり、小説家たちの作品に思いを馳せてみてください。 さらに今年、茨木市制施行70周年記念事業として「川端康成青春文学賞」が創設されました。現在作品を募集中です。これを機に小説家をめざしてみるのもいいですね。
詳しくは茨木市webサイトにて http://www.city.ibaraki.osaka.jp/

宮本輝ミュージアム
宮本輝氏は追手門学院大学の第一期卒業生で、1977年のデビュー作「泥の河」で第13回太宰治賞、翌年「螢川」で芥川賞を受賞。愛用品や直筆原稿などが常設展示されているほか、作品の世界を取り上げた企画展を開催し、宮本作品の世界に浸れるミュージアム。
場所 茨木市西安威2-1-15
(追手門学院大学附属図書館内)
TEL 072-641-9638
休館日 宮本輝ミュージアム」で検索
富士正晴記念館
茨木市安威に住んでいた詩人・小説家。詩や小説以外にペン画や書画、版画、陶芸にその才能を発揮した。生前に収集されていた文学資料や自作の絵画などを収蔵、展示。文化勲章受章者らと酒を交わしたとされる書斎が復元されている。
場所 茨木市畑田町1-51
(中央図書館併設)
TEL 072-627-7937
開館時間 9時半~17時
休館日 休館日第2・3・4・5月曜日(祝日と重なる場合は開館し、その翌々日が休館)、年末年始、中央図書館の資料点検期間
川端康成文学館
川端康成は「伊豆の踊子」「雪国」などで親しまれる著名な作家で、昭和43(1968)年に日本人として初めてノーベル文学賞を受賞。幼児期から旧制中学校卒業まで茨木で暮らした。同館には、中学在学当時の氏の貴重な資料などが展示されている。
場所 茨木市上中条二丁目11-25
TEL 072-625-5978
開館時間 9時半~17時
休館日 火曜日、祝日の翌日、12月28日~翌年1月4日